未分類

格安SIMについて。

スマホ、携帯回線のMVNOが普及してから大分たちます。
私は割とMVNOが出始めた初期のころから
利用していました。


それでMVNO、格安SIM回線について知っていること、
思ったことを書きたいと思います。


始めのころは、MVNOは、ドコモなどの
キャリアーの料金が高いこともあって、かなりお得でした。
始めのころは、MVNOは、音声電話のほうは付いてなく、
データ専門でした。


b-mobile(日本通信)が音声付きのSIMを出してから、
急激に音声付きSIMが出てくるようになりました。
それまでは、携帯電話(フューチャーフォン)
で音声を利用。


スマホでデータSIMを利用というのが定番な
使い方でした。


このころはまだiphoneも画面が小さく、本格的に
PCの代わりになるような感じではなかったですし、
アンドロイドも洗練されておらず、使い勝手がかなり
悪かった頃でした。
音声付きのSIMが出始めたころ、だんだん画面も大きくなり、
アンドロイドもまともに使えるようになってきました。
各消費者に、買い替えなどで手持ちのスマホの実機が
増えてきたのもMVNOが普及する要因だったのでは
ないでしょうか。

MVNOを使っていて思ったのは、意外に初期にかかる
手数料が大きいということです。
キャンペーンなどで無料の時もありますが、
基本3000円とられます。


音声のMNPなら追加でもう3000円とられます。
大抵のMVNOでは1年以内の解約は1万円くらい
違約金を取られます。


この乗り換え時の手数料が大きく、利用期間の
月割りをしてみると、あまり安くなってなかったりします。
かといってじゃあ移動しなければいいのかというと、
そうもいかなかったりするのです。


例えば、家族の一人が音声通話をよく使うように
なったとします。


それで、入っていたMVNOが音声の割引に対応して
いなかったとします。


そうすると、「手数料を払っても、音声割引の
あるほうのMVNOのほうがトータルで安くなる。」
といったことがあります。


A社は家族でパケットシェアできるのに、自分の
入っているMVNOはできない。


そんな感じで結局、移動してしまったりします。
頻繁に替わっていると、結局高くついたりします。


そうこう言っているうちに、最近では大手キャリアー
のほうが値下げして、MVNOにメリットが
なくなってしまいました。